女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイント

女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントとなります。
女性ホルモンの分泌は、脳下垂体と呼ばれている場所の、視床下部で調整されているのです。

 

視床下部の働きが悪くなってしまいますと、バストアップに必要となる女性ホルモンの分泌がされなくなってしまいます。
なのでバストアップを考えている人は、とにかくストレスを溜めることの無い生活を送ることが大切なのです。
視床下部でどの程度の量が分泌されるかが決まることになりますが、実はストレスを最も受けやすい場所なのです。
このことからストレスを抱えてしまいますと、視床下部の働きが悪くなってしまうのです。 美容という言葉を利用した詐欺的な行為をしている悪質業者が最近になって増えてきています。
雑誌やインターネットなどで「絶対に美しく慣れる」なんて宣伝文句を100%信じて良いワケではないのです。



女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントブログ:10月11日

ダイエットを思い立ったときに、
極端に食事を減らしたり、
偏った栄養素を摂取したりする方法を選ぶ人は
結構多いようですが…

誰しも激しい空腹に耐えうるほどの精神力を
持っているわけはありませんので、
大半の人は挫折してリバウンドします。

度を越した食事制限を続けていると、
拒食症・過食症などの摂食障害を、引き起こす可能性もありますので、
24時間に最低限必要な栄養素は摂取するべきなんです!

おれ自身、過去に少々過度な食事制限をした経験がありますが、
健康障害を生じるほどではなかったにせよ、
低血糖状態で24時間中頭がぼーっとしていました。

確かに体重は2ヶ月で1`ほど減りましたが、
やせるというよりやつれた感じで、周りの人から心配されるほどでした。

経験上からもいえることですが、
より整ったスタイルにするためのダイエットが、
健康を害するリスクを負いながら、
みすぼらしくやせても何の意味もありません。

人間の体は極端にエネルギー摂取が減ったときに、
飢餓状態に備えて代謝が落ち、脂肪をあまり燃やさなくなるそうです。

そして、わずかな食事からも
脂肪を貯めこんでしまうので、体脂肪は減りません。

さらに極端な食事制限をしていると、
体は摂った食事から最大限の栄養素を吸収しようとしますので、
以前と同じ量の食事に戻しただけで太ってしまうのです。

極端な食事制限をしている間は、
空腹によるストレス状態が続いているので、
その反動から食事制限をする前よりも
食事量が増えてしまうことが多いようです。

結局、極端な食事制限ではやせにくい体になった上に、
食事量が増えてしまう危険性がありますので、
激しい空腹を我慢する割には、なんにも良いことがないんですよね。


ホーム サイトマップ